【実録】新型コロナウイルス感染備忘録

その他の気づき

こんにちは、現役コーチのゆんです!

実は先日、恥ずかしながら新型コロナに感染してしまいました。

今回は私の実体験から新型コロナ感染記として残そうと思います。

f:id:yunyunlee:20211116150840p:plain

感染経路~発症

感染元は彼女から

結論から言うと、一緒に住んでいる彼女から感染しました。緊急事態宣言が明けた、10月4日から7日まで二人で3泊4日の旅行に行ってきました。おそらく、彼女は旅行のどこかのタイミングで感染したと思われます。

7日の夜、彼女が体調不良を訴え、熱の症状がありました。家に戻っても体調が戻らず、8日、9日と看病をしていました。旅行先で久々に居酒屋で飲んだり、移動もあったのでその疲れだと思っていましたが、9日には味覚障害の症状もありました。

近所の薬局で簡易抗体検査を2回しましたが、結果は陰性。コロナの症状に近いものの陰性ならタチの悪い風邪程度に思い、ゆっくりしてもらっていました。

ゆんちゃん発症

10日の夕方、レッスン終わりに買い物に出た際、少し熱っぽさだるさを感じ始め、私も念のため抗体検査をしました。結果は陰性。しかし熱が下がらない為、翌日のレッスンは代行をお願いし休みました。

11日朝、38℃を越える熱味覚・嗅覚の異常がありました。翌日も休みだったため、自宅で安静にしていました。まだこの時はコロナだと思っておらず、季節の変わり目だし体調崩しやすいよな~と軽く考えていました。

翌12日。回復の兆しは見えずむしろ悪化していました。熱はずっと下がらず、不安になり始め、夕方彼女と病院でPCR検査を受けました。電話で症状や抗体キットは陰性だったことを伝えると、「ほな陰性ちゃうか~」くらいのテンションでした。いざ診察してもらうと、「多分コロナやな~、明日保健所からPCRの結果来ると思うから、指示に従って」とのこと。薬局のキットは信用しちゃだめです!

13日朝。二人ともコロナ陽性の通知がきて、ホテル療養ということになりました。彼女の発症日は8日、私は11日に発症ということが分かりました。大阪府の新規陽性者は連日50人程度でした。その後、保健所からの電話で詳しい状況を説明し、濃厚接触者に当たる人がいないか検討してもらいました。

ホテル療養生活

14日朝、彼女はタクシーが迎えに来て大阪市内のホテルで療養が始まりました。この時熱の症状はなく、味覚・嗅覚異常だけだったみたいです。その日の夕方、今度は私の迎が来て、同じく大阪市内の別のホテルで療養になりました。この時37℃ちょっとの熱とだるさ、味覚・嗅覚異常がありました。

新規陽性者数も落ち着いていた時期だったので、問題なくホテル療養になったのが不幸中の幸いでした。療養期間は、発症日から最低10日間なので、私は11日発症で20日までホテル生活となりました。もし途中で重症化したり熱が下がらなければ、期間が延びると説明を受けました。

ホテルにはテレビしかないと踏んで、Nintendo switchをわざわざ持って行きました(笑)

その他に、パソコン、本、着替え、クッションなどを持って行きました。食事もきっちり3回だけっぽいので、インスタントコーヒーやチョコパイ、ゼリー、ポカリスエットなども保冷バックに詰めていきました。これは正解でしたね!

コロナの症状

その日の夜、シャワーを浴びている時、いつものようにシャンプーしてふと手を見るとそこには髪の毛が…。震えました。ただでさえ髪が細く、将来禿げることを確信していたのですが、こんなにも早くお別れが来るとは思っていませんでした。あの衝撃は忘れませんね。

その日の夜、突然熱が爆上がりして39℃越え。解熱剤がなかったので苦しかったです。イライラしすぎて壁に当たってました。隣の方、夜分遅くにすみませんでしたm(_ _)m

おもな症状として、熱、味覚・嗅覚異常、ハゲでした。

ホテル療養の一日

朝8時ごろ、ホテルに常駐している看護師の方から電話がきます。今の体調などを簡単に報告します。そして館内放送でご飯の準備ができたと知らせてくれます。1階のロビーにおいてあるので各自取っていくスタイルです。電子レンジもありました。水も500mlのペットボトルがたくさん置いてあるので必要な分だけ持って行けます。

コインランドリー、シャンプーボディソープなども置いてあったので、こだわりがなければその辺心配いりませんね。

12時、またまた昼飯の放送が入り、各自お昼ごはん。

18時、今度は夕ご飯の放送。これ以降、ご飯はないので間食をもってきてよかったです。ご飯はこんな感じで、普通のお弁当です!味がしないので、見た目から想像しながら食べてました。

f:id:yunyunlee:20211116170750p:plain

そして就寝。

こんな生活を一週間ほどしました。アマプラ見てゲームして、ブログ書いて寝て…みたいに割とだらだらしてました。熱が下がれば、むしろ快適な環境でした。

そして約一週間のホテル療養を終え、20日昼に晴れてシャバに開放されました。療養前は暑かったのに、一週間で一気に寒くなってましたね。気づけば秋。

医療従事者の方々

ホテルには24時間対応してくれる看護師や医師の方がいて、何かあればすぐに連絡が取れる状態でした。幸い、私の容態は急変することもなく、一日一回の体調報告だけでした。患者に接触する看護師の方は、防護服姿にマスク+フェイスシールドで完全防備でした。よくニュースで、顔にマスクの跡がついた医療従事者の方を見ますが、本当に過酷な環境下で患者に向き合っている姿を見て、感謝の思いでいっぱいでした。

出所後

23日㈯からレッスンだったので、出所した次の日、リハビリがてら軽くテニスをしました。心肺機能がかなり低下しているのを実感しました。呼吸が戻らないんですね。

ちなみに熱は完全に下がりましたが、2週間ほど後遺症で味覚・嗅覚異常がありました。あ、あと脱毛も…。熱は発症してから5日くらいで収まりました。

11月になって少しずつ味覚・嗅覚が戻ってきて、今ではほぼ回復しています。まだ少し出汁の旨味やコクは、わかりづらいです。あ、脱毛もましになりました(^^)

普段からテニスをしているので、体力や免疫力はあったようで、軽症で済みました。高齢者の方が40℃近い高熱になると、かなりしんどいと思いますし、肺炎に発展してし、人工呼吸器に繋がれて生死を彷徨うのも納得のしんどさでした。コロナ正直舐めてました。さーせん。

コロナに感染して気づいたこと

日頃対策していても、どこからもらうか分からない

インフルエンザのしんどさがしばらく続く感覚

保険料や税金払っておいてよかった

オミクロン株マジ勘弁

ということで、今回はコロナになった私の記録でした!また新しいのが出てきて、第六波の懸念もありますが、今後も手洗い、うがい、アルコールを続けていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました